本文へ移動
産業保健活動を応援します。
皆さまの身近な相談役・パートナーとして
お役に立てるよう努めてまいります。

<<♪お知らせ&トピックス ♪>>

メールマガジン「かささぎ」第106号をUPしました
2017-04-17
◆「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の実施【厚生労働省】
2017-04-10

 厚生労働省では、労働災害防止団体などとともに、職場における熱中症予防対策の一層の推進を図るため、平成29年4月を準備期間、5月から9月までを実施期間とする「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を新たに実施します。  

 職場における熱中症は、猛暑だった平成22年以降400人から500人で推移しており、減少傾向がみられません。また、死亡者数は、多い年は30人を超えるなど、平成24年から28年までの5年間で80人を超えています。
職場における熱中症を予防するためには、単に個々の労働者に水分・塩分の摂取を呼びかけるだけではなく、事業場として、予防管理者の選任などの管理体制を確立することが必要です。
 また、WBGT値(暑さ指数) ※1 を測定し、その結果に基づき、熱への順化 ※2 期間の確保、作業場所のWBGT値の低減、休憩時間の確保、熱中症の発症に影響を及ぼす疾病を有する労働者への配慮などの対策を確実に講じていくことも必要です。

◎詳細はこちら
(厚生労働省HP)

◆石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル[2.10 版]の策定【厚生労働省】
2017-04-10
厚生労働省では、「建築物等の解体等の作業及び労働者が石綿にばく露するおそれがある建築物等における業務での労働者の石綿ばく露防止に関する技術上の指針」(技術上の指針公示第21 号。以下「石綿指針」という。)については、石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアルによりその具体的留意事項を示し、周知啓発を図っているところであり、今般、同マニュアルについて改訂を行い、2.10 版を厚生労働省ウェブサイトに掲載しました

◎詳細はこちら
(基安化発0403第1号)
石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル[2.10版]はこちらから
★ストレスチェック実施プログラム(厚生労働省版)バージョンアップの公開
2017-04-07
◆厚生労働省版ストレスチェック実施プログラムのバージョンアップ(Ver.2.0)が公開されました。【厚生労働省】
 (変更点)
・Windows10にて動作するように変更しました。
・「実施者用管理ツール」の「ストレスチェックデータ登録」画面に、「外部データ出力(Excel,CSV)」機能(ボタン)を追加しました。 
 (手動でバックアップを取りやすいように変更しました。)

【要注意】Ver.1.0〜Ver.1.3をご利用の方は、Ver.2.0にバージョンアップしてください。 
 


 ◎詳細はこちらから
★29年度ストレスチェック実施促進のための助成金について
2017-04-03
29年度ストレスチェック実施促進のための助成金の申請が始まります。

【前年度との変更点】
?小規模事業場登録届出がなくなりました。
?実施対象期間が1年度単位となりました。
?申請期間が4月15日〜翌年度6月30日までとなりました。
?助成金の対象となる産業医活動が
 「ストレスチェック実施後に面接指導を実施すること」
 「面接指導の結果について、事業主に意見陳述をすること」の2点のみとなりました。

◎詳細はこちら(労働者健康安全機構HP)
  ストレスチェック実施促進のための助成金の概要
★「治療と職業生活の両立支援」専用ページご案内【労働者健康安全機構】
2017-03-27

◆労働者健康安全機構では、「治療と職業生活の両立支援」について、専用ページを開設しています。
  両立支援の必要性、事業者にとっての意義等の記載や、
  リーフレット(事業者向け・労働者向け)や様式等もダウンロードできます。
  両立支援の取組みにあたり、ぜひご活用ください。
 

◆特定化学物質(「MOCA」)に係る特殊健康診断項目の改正(4月1日より施行)【厚生労働省】
2017-03-17
◆平成29年2月16日公布の特定化学物質障害予防規則の一部を改正する省令(「改正省令」により、特定第二類物質の3,3’−ジクロロ−4,4’−ジアミノジフェニルメタン(「MOCA」)に係る特殊健康診断項目が改正されました。
改正省令は平成29年4月1日より施行されます。

◎詳細はこちら 
   ↓
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei54/

(基発0 3 0 6 第5 号)

★治療と就労の両立支援マニュアルの掲載【労働者健康安全機構】
2017-03-14
労働者健康安全機構では、勤労者の治療と就労の両立支援を進めるため、全国の労災病院で「治療就労両立支援モデル」事業を展開してきました。
 今般、がん、糖尿病、脳卒中、メンタルヘルスの疾病4分野についての「治療と就労の両立支援マニュアル」を作成しました。

*各疾病別のマニュアル、その他様式等は労働者健康安全機構HPに掲載しており、以下より
 ダウンロードしてご利用いただけます。
     
  治療と就労の両立支援マニュアル(労働者健康安全機構HP)
メールマガジン「かささぎ」第105号をUPしました
2017-03-10
★「治療と職業生活のガイドライン」の参考資料の追加(脳卒中・肝疾患)【厚生労働省】
2017-03-06
「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」の参考資料に、脳卒中と肝疾患に関する留意事項が追加されました。(厚生労働省)

【今回追加された留意事項のポイント】
脳卒中に関する留意事項
  ・再発等予防・治療のための配慮
  ・障害特性に応じた配慮
  ・復職後の職場適応とメンタルヘルス

肝疾患に関する留意事項
  ・肝疾患の特徴を踏まえた対応
  ・肝疾患に関する不正確な理解・知識に伴う問題への対応

◎詳細はこちらから(厚生労働省HP)
独立行政法人 労働者健康安全機構
佐賀産業保健総合支援センター
 〒840-0816
佐賀県佐賀市駅南本町6-4
佐賀中央第一生命ビル4階
*TEL:0952-41-1888
*
FAX:0952-41-1887

1.窓口相談・実地相談
2.情報の提供
3.研修
4.調査研究
5.広報・啓発
6.地域産業保健センターの支援
====================
 
 下の「Webカタログ」より、事業案内等のダウンロード
       できます♪ ▼▼
TOPへ戻る