本文へ移動
産業保健活動を応援します。
皆さまの身近な相談役・パートナーとして
お役に立てるよう努めてまいります。

<<♪お知らせ&トピックス ♪>>

◆「こころの耳」に『ポジティブ・シェアリング』コンテンツ追加
2017-10-05
◆厚生労働省では、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」に、
新しいコンテンツ「ポジティブ・シェアリング〜やってみよう・教えよう 疲れやストレスと前向きにつきあうコツ〜」を追加しました。

 *ストレスを抱えすぎることなく、生き生きと仕事に取り組むためには、働く方一人ひとりが自らのストレスの状況に気づき、対処(セルフケア)をすることが大切です。
こうした観点から、新コンテンツ「ポジティブ・シェアリング」では、自分に適したセルフケアを見つけるきっかけとなるよう、日々の生活で溜まってしまう、心や体の疲れとの上手なつきあい方について、前向き(ポジティブ)に取り組んでいる著名人の方々の工夫やアイデアを紹介していくことにしました。
 また、こうしたアイデアを、職場の同僚やご家族、友人の間にも広めて欲しいという思いを込め
「ポジティブ・シェアリング」という名称にしています。 (「こころの耳」より)

◎働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」 
◆職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請について【厚生労働省】
2017-10-03
◆厚生労働省は、平成29年の労働災害による死亡者数(1月〜8月の速報値)が対前年比で増加し、特に8月に急増したことを受け、本日、労働災害防止団体や関係事業者団体に対し、職場における死亡災害撲滅に向けた緊急要請を行いました。

<緊急要請のポイント>

  (1)産業界全体に対する企業の安全衛生活動の総点検などの要請
(2)死亡者数が増加している業種(建設業、陸上貨物運送事業、林業、製造業)
    での取組のポイントを明示

◎詳細はこちら(厚生労働省HP)

◆(再掲)11月は「過労死等防止啓発月間」です【厚生労働省】
2017-09-26
◆厚生労働省では、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、過労死等をなくすためにシンポジウムやキャンペーンなどの取組を行います。

 月間中は、国民への周知・啓発を目的に、全国48会場で「過労死等防止対策推進シンポジウム」を行うほか、「過重労働解消キャンペーン」として著しい過重労働や悪質な賃金不払残業などの撲滅に向けた監督指導や無料の電話相談などを行います。
   電 話 相 談 :平成29年10月28日(土) 9:00〜17:00
     フリーダイヤル:0120(794)713 (なくしましょう 長い残業)

   過重労働解消のセミナー
      佐賀:10月25日(水) 佐賀市文化会館 (申込受付中)

  「STOP! 過労死」 パンフレット  
   事業主等の取組・疲労蓄積度自己診断チェックリスト・相談窓口一覧が掲載されています!

※「過労死等」とは・・・業務における過重な負荷による脳血管疾患もしくは心臓疾患を原因とする死亡、もしくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡またはこれらの脳血管疾患、心臓疾患、精神障害をいいます。

◎詳細はこちら(厚生労働省HP)


佐賀産業保健総合支援センターでは、職場における健康管理やメンタルヘルス対策に関するご相談ができます!
その他、産業保健スタッフや事業者等に向けた、健康管理やメンタルヘルス対策のための個別訪問支援や専門的相談対応無料でおこなっています。
ご活用ください! (上記パンフレットP13掲載)
メールマガジン「かささぎ」第111号をUPしました
2017-09-25
★(再掲)労災疾病等医学研究普及サイトのご紹介【労働者健康安全機構】
2017-09-22
◆当機構では、全国の労災病院グループが労災疾病の研究開発を推進し培ってきた様々な研究成果の集約を目的とした「労災疾病等医学研究普及サイト」を運営しています。

当機構では、労働災害の発生状況や行政のニーズを踏まえ、労災補償政策上重要なテーマや新たな政策課題について、時宜に応じた研究に取り組んでいます。
現在実施している9テーマの研究紹介に加え、これまで実施してきた研究成果についても掲載しています。
ぜひ、ご活用ください!
                     

▼今回のご案内▼
 ★「じん肺診断技術研修」における木村清延医師の講義動画(27年度)
 URL(研修動画) http://www.research.johas.go.jp/jinpai2015/movie.html


 (29年度研修案内) 
https://www.johas.go.jp/index/tabid/754/Default.aspx

   29年度は11月1日(水)、2日(木)の2日間で研修開催予定
 
 ★「働く女性の健康」について
 URL
   http://www.research.johas.go.jp/22_jyosei/index.html
   10月21日(土)和歌山県JAビルにて 「第15回女性医療フォーラム」開催


 

◆平成29年度「『見える』安全活動コンクール」の実施【厚生労働省】
2017-09-12
◆厚生労働省では9月1日から、労働災害防止に向けた事業場・企業の取組み事例を募集・公開し、国民からの投票により優良事例を選ぶ平成29年度「『見える』安全活動コンクール」を実施します。

 

このコンクールは、安全活動に熱心に取り組んでいる事業場等が国民や取引先に注目される運動(「あんぜんプロジェクト」)の一環として実施するもので、今年度で7回目となります。

 
  *応募期間:9月1日(金)〜1031日(火)
 *投票期間:12月1日(金)〜平成30年1月31日(水)
 *結果発表:平成30年3月上旬
 *応募事例は「あんぜんプロジェクト」のホームページに掲載されます
  
◎詳細はこちら(厚生労働省HP)

◆9月は「職場の健康診断実施強化月間」です【厚生労働省】
2017-08-17
◆平成25年度より全国労働衛生週間準備月間である、毎年9月は「職場の健康診断実施強化月間」と位置付けられています。【厚生労働省】

各事業場におかれましては、以下のことを再度ご確認ください。
 
?健康診断の実施
?健康診断結果について医師からの意見聴取及び健康診断実施後の措置の実施
?一般健康診断結果に基づく必要な労働者に対する医師または保健師による保健指導の実施
?健康診断結果記録の保存等

??については、小規模事業場(50人未満)の場合、当センターの地域産業保健センターで対応しております。ぜひ、ご利用ください!(無料

メールマガジン「かささぎ」第110号をUPしました
2017-08-15
◆平成29年度「全国労働衛生週間」の実施【厚生労働省】
2017-08-15
◆厚生労働省は、10月1日(日)から7日(土)まで、平成29年度「全国労働衛生週間」を実施します。(準備期間:9月1日〜9月30日)

※今年のスローガン:「働き方改革で見直そう みんなが輝く 健康職場」

 今年度の全国労働衛生週間では、「働き方改革実行計画」に基づく、治療と仕事の両立支援の推進や、改正労働安全衛生法に基づくラベル表示や安全データシート(SDS)の公布といった化学物質による健康障害防止対策の徹底、ストレスチェック制度を含むメンタルヘルス対策や過重労働対策の推進、今年から開始した「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」(5月〜9月)の推進による職場の熱中症予防対策の重点的な周知を実施することとしています。

 ◎詳細はこちら(厚生労働省HP)

  ------<<佐賀県内の衛生週間説明会日程>>------
●鳥栖会場   9月6日(水)  13 :30 〜 鳥栖市民文化会館 
●佐賀会場   9月8日(金)  13 :30 〜 アバンセ
●鹿島会場    9月5日(火)  13 :30 〜 鹿島市生涯学習センター 「 エイブル 」
●武雄会場    9月8日(金)  13 :30 〜 武雄市文化会館
●唐津会場    9月8日(金)  13 :30 〜 唐津市文化体育館
●伊万里会場  9月7日(木)  13 :30 〜 炎の博記念堂

▼唐津、伊万里会場では当センターと労働基準監督署との共催により以下特別講演を開催▼
   ・演題:『治療と職業生活の両立支援の重要性
〜働く人、事業主、主治医そして社会にとっての意義』
   ・講師:江口有一郎(産業保健相談員、
佐賀大学医学部 肝疾患医療支援学 教授)

◎詳細は、一般社団法人佐賀県労働基準協会(TEL 0952-37-8277)へお問い合わせください。

◆(化学物質)表示・通知義務対象物質の追加等【厚生労働省】
2017-08-08
◆労働安全衛生法施行令及び同規則の一部改正により、アスファルト等10物質について、表示・通知義務対象物質に追加されました。(平成29年8月3日公布)

 <施行日>:10物質の追加については、平成30年7月1日
       シリカのうち非晶質シリカの除外については、平成29年8月3日

 <今回新たに表示義務等の対象となる物質>
    アスファルト、ポルトランドセメント、ほう酸、硫化カルボニル等
 
 ◎ 詳細はこちら (基発0803第6号)
 ◎ 厚生労働省HP 表示・通知義務対象物質の追加等
独立行政法人 労働者健康安全機構
佐賀産業保健総合支援センター
 〒840-0816
佐賀県佐賀市駅南本町6-4
佐賀中央第一生命ビル4階
*TEL:0952-41-1888
*
FAX:0952-41-1887

1.窓口相談・実地相談
2.情報の提供
3.研修
4.調査研究
5.広報・啓発
6.地域産業保健センターの支援
====================
 
 下の「Webカタログ」より、事業案内等のダウンロード
       できます♪ ▼▼
TOPへ戻る