本文へ移動
産業保健活動を応援します。
皆さまの身近な相談役・パートナーとして
お役に立てるよう努めてまいります。

<<♪お知らせ&トピックス ♪>>

「職場におけるメンタルヘルス対策検討会の報告書取りまとめ」(厚生労働省発表)
2010-09-10
 「職場におけるメンタルヘルス対策検討会」(座長・相澤好治北里大学副学長)の報告書が取りまとめられ、厚生労働省から発表されました。

〈報告書のポイント〉

1.一般定期健康診断に併せ、ストレスに関連する労働者の症状・不調を医師が確認する。

2.面接が必要とされた労働者は産業医等と面接を行う。その際は、上記ストレスに関連する症状や不調の状況、面接が必要かについて事業者に知らせない。

3.産業医等は労働者との面接の結果、必要と判断した場合は労働者の同意を得て、事業者に時間外労働の制限や作業の転換などについて意見を述べる。

4.事業者は、労働時間の短縮等を行う場合には、産業医等の意見を労働者に明示し、了解を得るための話合いを行う。

この報告書を受け、厚生労働省は労働政策審議会で制度改正に向けた議論を始める予定とのことです。
じん肺健康診断の判定基準が見直され、健康診断結果等の様式が変わりました
2010-07-12
じん肺健康診断の判定基準が見直され、健康診断結果等の様式が変わりました
平成21年度 脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況について
2010-06-15
 厚生労働省から平成21年度の「脳・心臓疾患及び精神障害等に係る労災補償状況」について発表されました。
   ?精神障害等に係る労災請求件数が前年比2割超の増加?
熱中症による死亡災害の発生状況について(平成21年)
2010-06-11
 厚生労働省より、平成21年の職場における熱中症による死亡災害発生状況が発表されました。
    ?平成21年の熱中症による死亡者数は8人となり、前年の17人から大幅に減少?
厚生労働省「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」のとりまとめについて
2010-06-03

 厚生労働省は「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」を設置し、自殺防止対策とあわせて、地域・職域におけるうつ病・メンタルヘルス対策の一層の充実を図っていくための検討を行ってきたところですが、今般、以下のとおりとりまとめが行われました。

佐賀県内の労働災害発生状況と健康診断実施結果が発表されました
2010-05-21
 佐賀労働局は、平成21年佐賀県内での労働災害発生状況と、事業場における一般健康診断の有所見率の状況をとりまとめ、発表しました。
 一般健康診断の有所見率は、前年に比べ0.4ポイント増加し、5年連続して有所見率50%を超える52.97%となっており、血中脂質、肝機能、血圧、血糖値といった生活習慣病に繋がる検査項目で有所見率が高く、かつ増加傾向を示しています。
メンタルヘルス対策支援センター事業に管理監督者への教育研修が加わりました
2010-05-11
 メンタルヘルス対策支援センター事業(厚生労働省委託)において、事業場の求めに応じ、当支援センターが、メンタルヘルス対策に関する管理監督者の役割や取組事項などに関する教育を、1事業場1回限りですが、実施できるようになりました。(無料)
 衛生委員会等管理監督者の集まりの場を利用する等により、管理監督者教育を実施しようとお考えの事業場におかれては、是非ご活用下さい。
 ご希望の事業場は、当支援センターまで電話・メール等でご連絡下さい。
  メンタルヘルス対策支援センター(佐賀産業保健推進連絡事務所内)
労働安全衛生関係主要様式が厚生労働省ホームページに掲載されました
2010-05-10
 労働局・労働基準監督署に申請または届出を行う場合に使用する安全衛生関係様式が、厚生労働省ホームページに追加掲載されました。(平成22年4月28日)
定期健康診断における有所見率の改善に向けた今後の取組(厚生労働省発表)
2010-04-21
定期健康診断における有所見率の改善に向けた今後の取組について(報道発表

行政通達
定期健康診断における胸部エックス線検査等に係る規定が改正されました
2010-04-01
独立行政法人 労働者健康安全機構
佐賀産業保健総合支援センター
 〒840-0816
佐賀県佐賀市駅南本町6-4
佐賀中央第一生命ビル4階
*TEL:0952-41-1888
*
FAX:0952-41-1887

1.窓口相談・実地相談
2.情報の提供
3.研修
4.調査研究
5.広報・啓発
6.地域産業保健センターの支援
====================
 
 下の「Webカタログ」より、事業案内等のダウンロード
       できます♪ ▼▼
TOPへ戻る